思考を止めることは、別の領域に身を任せること

今日は「思考を止める」ことの重要性のお話し。

無意識の思考=エゴなので、エゴが言っていることは全部嘘だし、本当の自分は絶対安全だよ、ということは「ニュー・アース」やチケットを読んだ方ならご存知でしょう。

だったら、意識的な思考はどうなんだ?という疑問が出てきます。

無意識な思考が現実への反応(たとえば他人に暴言を吐かれて、あいつは嫌な奴だと判断したり)なのに対して、意識的な思考は理性とも呼ばれ、様々な状況に対しての合理的判断(だと自分では思っている)なので、エゴではないように思えます。

でも意識的な思考もまた、エゴなのです。理性=エゴ。

だから頭の中に浮かんでくる思考は、全てエゴです。例外はありません。

「1年で1億円稼ぎたいけど、世の中そんなに稼いでいる人は全然いないしなぁ。ましてなんのスキルも人脈もない俺なんかが・・・やっぱ無理かぁ。」

そんな使えない理性は、捨ててしまいましょう。

周りがいくら稼いでいるかと、自分がいくら稼ぐかは全く関係がありません。

スキルや人脈がない=お金持ちになれないってのも、あなたの勝手な観念です。

「いやでも現実は~」と頭の中ですぐ反論しても、それはエゴなので無視してOKです。

でも思考を止めるってどうやって?

色々な思考が浮かんでは消えてくる様子をただ、観察していましょう。それらを一切判断せずに。

ただじっと川の流れを見るように思考が流れている様子を観察していると、自然と思考は止まります。

止めようとすると、それは思考の流れに抵抗していることになるので、かえって思考は増えます。

何も思考がない穏やかな状態にいるなら、あなたはまさに「今に在る」ということです。

その時あなたは全てを別の領域(宇宙や潜在意識、なんでもいいです)に委ねていることになり、あなたの思考ではとても思いつかないような素晴らしい現実が展開していくというわけです。

どうです?こっちの方がワクワクしませんか?少なくとも、「現実は上手く行きっこないよ」と理性(エゴ)で物事を考えるよりはよっぽど楽しいです。

そう、そのワクワク、楽しい気分が大事なんです!

要するに何が言いたいのかというと、

バカになれ。何も考えるな。というか何も考えなくていい。だって全て完璧で、上手く行っているから。そして常にいい気分であれ。

「いやいやどこが完璧なんだよ」「楽しいこと考えたりもダメなんか」「勉強するときは考えないといけないだろ」とエゴが大騒ぎしますが、これもただ判断せず、観察します。

そうやって際限のないエゴの声をただ観察していると、どんな気持ちになるでしょうか?

何も心配することは起こっていないという、穏やかな気持ちです。

私もこの「思考を止める」を実践していますが、正直全くできていません。\(^o^)/

もちろん以前よりはかなり減りましたが、無意識に色々考えちゃうし、自分の狭い知識で現状を判断してしまうエゴは健在です笑

でもそれでもいいのです。というか「思考を止める」こととあなたの幸せには何の関係性もありません(じゃあこの記事書いた意味ないじゃんか!)

というわけで、次回は「どんな自分でも完璧」という、全ての自分を受け入れてしまう最強の考え方を紹介します。

「意味がわからないよ!」という方はとりあえず、「頭の中の思考は全部エゴだから、あなたはそれに振り回される必要はないんだよ」ということだけ頭に入れておいてください。

読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
スポンサーリンク
ほぷれく! レスタングル(大)
ほぷれく! レスタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ほぷれく! レスタングル(大)