『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』で見る、引き寄せの法則のコツと注意点

最近はもっぱらスピリチュアル系の本を読んでいますが、「引き寄せの法則」について分かりやすく書いてあったのが、「引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」です。

71H0noJRbCL

個人的には「ザ・シークレット」よりも引き寄せの法則に関して本質的な説明が多くて良かったです。

高次元の存在「エイブラハム」が唯一の宇宙の法則「引き寄せの法則」について話し、著者が色々質問をぶつけるという対話形式で、確実に「ニュー・アース」よりは読みやすいです。

※ちなみに「ニュー・アース」は本当におすすめです。悩み苦しみなどネガティブ思考を克服する具体的な方法が書かれており、この本を読んでから他のスピリチュアル系の本を読むと、新しい発見があると思います。

91l4dHK84CL

話を戻して、今回はこのエイブラハムとの対話を参考に、引き寄せの法則で重要だと思われるところをピックアップしていきます。

①常にいい気分でいる

「引き寄せの法則」は私たちの意図に関わらず常に発動している宇宙の法則で、私たちの身の回りに起こること全てを引き寄せています。良いことが起きても悪いことが起きても、それはすべて「私」が引き寄せたものだと理解しましょう。

私が、正確には私の思考が現実を作るなら、いつも良いことばかり考えていれば人生バラ色のはずですが、そうなっている人はまずいないでしょう。

それは、ほとんどの人が周りの出来事に反応して嫌な気分になっているからです。

これでは負のスパイラルで、いつまでたってもネガティブ思考から抜け出せず、引き寄せの法則によってまた望ましくないことが引き寄せられてしまいます。

この負の連鎖から抜け出すためには、まず「自分の感情は自分で決めることができる」ということに気づきましょう。

何か嫌なことがあって、その瞬間に嫌な気持ちになるのは仕方ありません。

でもその後も嫌な気分を引きずるかはあなた次第です。

過ぎ去った出来事にいつまでも執着したり、まだ起きてもいない未来を不安に思っているうちは、引き寄せによって悪いことが現実に引き寄せられてしまうのです。

人生の中で「望まないこと」を考えている時間が「望むこと」を考えている時間より多くなっていませんか?

「望まないこと」が何かわかっているなら、「望むこと」が何かも分かるはずです。

エイブラハムは、「ただ何かを考えただけでは引き寄せは起こらない。それに感情が加わって初めて現実に起こる」と言っています。

つまり、頭の中で嫌なことを考えただけでは、それは現実化しません。

そこで「嫌だな~」と嫌な気持ちになると、その感情という力が乗った思考を宇宙が受け取って「よっしゃ叶えたる!」と引き寄せてしまうのです。

もちろん思考が現実化するまではタイムラグがあるので、一旦嫌な気分になっても気持ちを切り替えられれば、悪いことは引き寄せられません。

反対に、自分の欲しているものを考えて、それを実際に手に入れたかのような充実感、良い感情を味わっていると、それが引き寄せられてくるというわけです。

「自分の望ましいものを考えて、それが手に入ったような達成感を得る」

なんだ簡単じゃないかと思うかもしれませんが、ここにちょっと引き寄せの注意点があります。

②望むものの「欠落」に意識がいっていると、願いは叶わない

例えば、3億円が欲しいので実際に3億円が手に入ってる自分を想像していい気分になっているとします。

この時、心の奥で「今の自分は幸せじゃない。3億円が手に入れば幸せになれるんだ。」という今の自分への「欠落」に焦点がいっていると、その欠落した現実、つまり3億円が手に入っていない状況が引き寄せられてしまうのです。

これは「引き寄せの法則」を実践し始めたばかりの方がよく陥るミスじゃないでしょうか。

この「欠落」の意識をなくすためには、「今」の自分の状況に満足することです。

「今の自分にはお金がない!だから3億円欲しい」と考えるのではなく、「私は今持っているお金でご飯が買えて幸せだ」のように、今自分が持っているお金に対して良い気分でいれば、引き寄せの法則でどんどんお金が引き寄せられくるのです。

今の状況を受け入れて良い気分でいると、その思考に合わせてもっと良い出来事が引き寄せられます。

ですので、個人的には「3億円欲しい!」と具体的にお願いするよりは、今自分が持っているものに感謝するのが「欠落」に意識を向けないために良いと思います。

今自分がどんな状況におかれていても、常に良い気分でいる。そうすると良い出来後が引き寄せられてくるわけです。

だからまず、今の自分は幸せであり十分持っているという感覚を持ちましょう。

矛盾していますが、今に満足していると、結果的にもっと多く与えられるのです。

そんなこといっても「常にいい気分でいるなんてできない!」という方は、まず嫌な気分になるのを止めてみましょう。

③物事の良い側面を見る

これは今の自分に満足するためにも必要な考え方です。

コップの中に半分水が入っています。この時

「半分しか入っていないじゃないか」とガッカリするか、「半分も入っているじゃないか」と喜ぶかみたいな話です。

冷静に考えれば、絶対的に悪い出来事は何一つないんじゃないでしょうか。

状況は常に中立です。そこに私たちの思考が合わさって初めて「良い」「悪い」が決まるのです。

だからといって、人からぶん殴られて「なぐられて良かった~」と無理に考える必要は全くありません。無理やり良い気分になろうとすると、逆に気分が悪くなっていきます。

嫌な出来事が起きたとき、まずは少しでも嫌な気持ちが長引かないようにしましょう。

あなたがその状況を頭の中で何度も嫌な感情とともに再現すると、どんどん悪いことが引き寄せられてしまいます。

「せっかく引き寄せの法則を実践して常にいい気分でいたのに、悪いことが引き寄せられたじゃないか!インチキ!」と怒ってしまっては、また嫌な出来事が引き寄せられてしまいます。

最初のうちは、以前のネガティブな思考が引き寄せられてしまうので、今良い気分でいても悪いことが起こってしまうのです。

「引き寄せが起きるにはタイムラグがある」ということを思い出しましょう。

悪循環を断ち切るには、嫌な出来事が起きたときにこそ気持ちを乱さない、「嫌な気分にならない」ことが大切です。

最後に、「何をお願いすればいいのか分からない」という人へ。

幸せになりたいけど、自分の望むことが分からない・・・こんな人は多いんではないでしょうか?

「ザ・シークレット」では、自分の願望にフォーカスすることに重点を置かれていて、願い事が良く分からない私にとってはちょっと不満でした。

でもこの「エイブラハムとの対話」では、望むことを考えることよりも、良い気分でいることが最重要だと言っています。

つまり、何が欲しいかを考えるんじゃなくて、良い気分になる思考を選ぶということです。

あなたが良い気分でいるときは、あなたは良い状況を引き寄せています。嫌な気分でいるときは、嫌な状況を引き寄せています。

常に自分の感情に注意を払って、嫌な気分になっていないか確かめましょう。

何を願うかはそこまで重要じゃありません。良い気分でいることが、なによりも大事です。

今自分の身近にあるもの、当たり前だと思っているものでも、よくよく考えれば幸せを感じられることがあるはずです。

引き寄せの法則で幸せになる鍵は、まず「今の自分」に幸せを感じることだと思います。

読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング
にほんブログ村 大学生日記ブログへ
スポンサーリンク
ほぷれく! レスタングル(大)
ほぷれく! レスタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ほぷれく! レスタングル(大)